ゼウス [ギリシャ神話の世界]

ゼウス
Zeus

神格、別称
天界の支配者
神々の王
気象現象を司る神(雷神)
ローマ名:ユピテル
英名:ジュピター
系譜
父・クロノス
母・レア
兄弟・ポセイドン、ハデス
妻・ヘラ
ゼウスはギリシャ神話の神々の中でも最高神とされる存在で、名前の意味は「明るく輝く空」であり、その名が示す通り、ゼウスは新しい世代の神々にとっては正に明るく輝く空のような存在となりました。

ゼウスの父であり、神たちの王でもあるクロノスは自分の子の一人から王座を奪われるという予言に怯え、子が生まれる度に呑み込んでしまうという暴挙を繰り返していました。
これにより、ゼウスの兄弟であるポセイドンとハデス、ヘスティア、デメテル、ヘラは生まれた直後にクロノスに呑み込まれてしまいましたが、母であるレアはゼウスが生まれた際にはクロノスに呑み込まれる事を避ける為に石を産着に包んだものをゼウスだと偽り、これをクロノスに渡す事で難を逃れます。
その後、ゼウスはクロノスの目の届かないクレタ島でニンフ達に育てられて成長していき、やがて兄弟達の仇である父・クロノスに戦いを挑む事を決意します。

自分一人の力では父には勝てないと考えたゼウスはまず、既に呑み込まれてしまった兄弟達を吐き出させる為にクロノスに気づかれないようにある薬を飲ませます。
薬を飲んだクロノスは呑み込んでいたゼウスの兄弟達を全て吐き出し、兄弟達は父から逃れる事に成功します。その後、ゼウスは救出した兄弟達と手を組み、クロノスを打倒の為に宣戦布告を行います。

これにより始まった神々の戦いは10年間にも及び、決め手に欠いた両軍は膠着状態が続きました。しかし、ガイアがタルタロスに幽閉されているヘカトンケイルとキュクロプスを味方につければ、ゼウス達が勝てると予言した事からゼウスはこれに従い、彼らを救出すると予言の通り、戦局は大きく動く事になります。
100本の腕を持ったヘカトンケイルは戦場で大いに活躍し、キュクロプス達はゼウスには雷霆(らいてい)を、ハデスには姿を消す帽子を、ポセイドンには三又の矛を与え、この強力な武器を持ったゼウス達はクロノス率いるティタン神達を追い詰めていきます。
長い戦いを終え、勝利したゼウスは古い神々をタルタロスに幽閉し、世界を二人の兄弟と分け合う事となり、ゼウスは天、ポセイドンは海、ハデスは冥界をそれぞれ支配する事になります。
しかし、自分の子達を幽閉されたガイアは激しく怒り、最終的にはティポンという最強の怪物まで呼び出してしまいます。
これに怯えた神々は次々と逃げ出してしまいますが、ゼウスはたった一人でティポンに立ち向かい、激しい戦いの後、シチリアのエトナ火山の下敷きにする事で勝利を納めます。
この勝利によってゼウスの地位は確固たるものとなり、ゼウスを中心としたオリュンポス12神が頂点に立つ、神々の組織が結成されたのでした。

尚、ギリシャ神話における最高神であるゼウスは大変な好色家としても知られており、正妻がいるにもかかわらず多くの女性と関係を結び、数えきれないほどの子をもうけています。
自分が気に入った相手にはあらゆる手段を用い、全力でアタックするゼウスは時には鷲や牡牛、白鳥といった動物に姿を変えてアプローチをかける事もあり、その相手も女神だけでなく、人間の女性やニンフ達にまで及びました。
こうして生まれた子達の中にはギリシャ神話における最高の英雄として知られるヘラクレスやアテナ、アポロン、アルテミス、ペルセウス、アレスなどの主要な神々も含まれています。