プロメテウス [ギリシャ神話の世界]

プロメテウス
Prometheus

神格、別称
ティタン神族
明敏な助言者
系譜
父・イアペトス
母・アシア(またはクリュメネー)
兄弟・アトラス、エピメテウス
プロメテウスはゼウスがクロノスとの戦いに勝利して世界を治めるようになり、ゼウスの子供達が頭角をあらわしてきた頃、地上に神を崇拝する者がいない事に憂いを感じ、人間を創造して地上に住まわせる事にしました。その仕事を請け負ったのが、ティタン親族でありながらゼウスの見方をしたプロメテウスだと言われています。

プロメテウスはすぐに粘土をこねはじめ、神の姿に似せた人間を多く創り上げました。そしてこの人間達に生命を吹き込む役目を果たしたのが女神アテナです。
こうして体と生命を得た人間達は神との間で捧げなければならない犠牲について話し合い、約束が取り交わされる事になりましたが、この時、プロメテウスは人間の味方をして一計を案じました。
計画を実行に移したプロメテウスは牛を切り分けると、人間に与えたいと考えた方には肉をたっぷりと詰めた内臓を置き、そしてもう一方には脂身で覆った骨を置きました。
これを見たゼウスはまんまと騙されて脂身で覆われた骨の方を選んでしまい、これより人間は肉を食べれる事になり、神には骨を捧げる事とになりました。

完全にプロメテウスにしてやられたゼウスは腹を立て人間に与えるはずだった火を隠しますが、すっかり味をしめたプロメテウスは再び人間の味方をするべく、ヘパイストスの鍛冶場から火を盗み、おおいきょう草の茎の中に火を隠して地上まで運び、火と共に様々な技術を人間に与えます。

しかし、夜になって辺りが暗くなると人間の世界で火が灯っている事に気づいたゼウスはこれをプロメテウスの仕業だと確信し、もはやプロメテウスの勝手な振る舞いを許す事はできないと考え、東の最果ての地にあるカウカソスの山の頂に縛り付ける事を命じます。
頂に縛り付けられたプロメテウスはゼウスの放った大鷲に肝臓をついばまれる事になりますが、プロメテウスは不死の体であった為、毎日、再生しつづけ、この拷問は英雄ヘラクレスが大鷲を射落として彼を救い出すまで延々と続く事となります。

しかし、こうしたプロメテウスの最高神ゼウスに真っ直ぐに逆らう行動は巨大な権力に立ち向かう不屈の抵抗の象徴として後世に残り、語り継がれる事となったのです。