ペルセウス [ギリシャ神話の世界]

ペルセウス
Perseus

別称
半神の英雄
系譜
父:ゼウス
母:ダナエー
妻:アンドロメダ
子:ペルセウス(ペルセース)、メーストール、エーレクトリュオーン、アルカイオス、ゴルゴポネー、ステネロス、ヘレイオス
ペルセウスはギリシャ神話における英雄と呼ばれる人物の一人で、見た者を石にしてしまうという怪物ゴルゴン(メデューサ)を盾を用いて退治したというエピソードと、のちに彼の妻となるアンドロメダを海獣から救うエピソードは特に有名です。

ペルセウスは出生後、すぐに母ダナエと共に海に流されるという危機を経験しますが、ゼウスの加護もあってか運よくセリポス島の漁師であるディクテュスに救われ、成人するまでの間、ディクテュスの家で生活する事になります。

母と共に平凡な人生を送っていたペルセウスですが、ある事がきっかけで彼の運命の歯車は大きく動き出します。
美しいと評判のペルセウスの母であるダナエを狙っていたセリポス島の王であるポリュデクテス王は邪魔なペルセウスを陥れる為に、彼を宴に招待します。
何も知らないペルセウスは宴に参加しますが、この宴は必ず馬を一頭持参しなければならないという決まりがあり、貧乏なペルセウスは馬を用意する事ができませんでした。
そこでペルセウスは「馬以外のものなら何でも持ってきましょう」と発言しますが、この言葉こそがポリュデクテス王の狙いだったのです。
その言葉を聞いたリュデクテス王は「それでは、怪物ゴルゴンの首を取りに行ってもらおう」と言います。ゴルゴンは見た者を石にしてしまうという誰もが知る恐ろしい怪物であった為、ペルセウスは驚きますが、大勢の人々の前で一度、口にした自分の言葉は撤回できないと考え、これを了承する事になります。

こうしてゴルゴン退治の旅でたペルセウスの前にオリンポス12神の一人、ヘルメスと泉のニンフであるナイアスがあらわれます。
二人はペルセウスを助ける為にかぶると姿を消す事ができるハデスの兜(帽子)、空を飛ぶ事ができる翼の生えたサンダル、ゴルゴンの頭を入れる為のキビシスという袋を貸し与えます。
ゴルゴンを倒す準備が整ったペルセウスは女神アテナに案内されて、三人のゴルゴンの住む洞窟にたどり着きます。洞窟の前でアテナからゴルゴンを倒す為の青銅の盾と鎌を貰うと、ハデスの兜をかぶって姿を消し、ゴルゴンを直接見ないように青銅の盾を鏡がわりにして洞窟の中に入ると三人のゴルゴンは眠っている最中でした。そしてゴルゴンの一人であるメデューサに近づくとペルセウスは手に持った鎌でメデューサの首を切り落とし、キビシスに中に収めます。
メデューサの悲鳴を聞いた他のゴルゴン達は目を覚ましますが、ハデスの兜で姿を消したペルセウスの姿を見つけ出す事ができません。
しかし、依然、危険な状況にはかわりはなく、急いで洞窟をでたペルセウスは翼の生えたサンダルを履いて空へと舞い上がり、セリポス島への帰路につきます。

ところが空を飛んで海を越えていたペルセウスの目に海上から突き出た岩に縛られた美しい女性の姿が映ります。気になったペルセウスは女性の元へ舞い降りて、このような状況になってしまった訳を聞き、彼女がエティオピア王ケペウスの娘アンドロメダである事、彼女の母が自分の美しさを自慢し、海神ポセイドンの娘たちを侮辱した為にポセイドンの怒りをかい、洪水を起こしたり、海獣を出現させるなどした事、この厄災から逃れる為にはアンドロメダを海獣の生贄として捧げる必要がある事などを知ります。

これを聞いたペルセウスは彼女に一目惚れしていたので、海獣を倒して彼女を救い、自分の妻として迎えたいと考えた事から、アンドロメダの父であるケペウスを訪ね、海獣を倒した暁には彼女を貰い受けるという約束を取りつけます。
アンドロメダの元に戻ったペルセウスは毎日、決まった時間にあらわれるという海獣を岩陰に隠れて待ち受け、海獣があらわれた瞬間にこれを打ち倒す事に成功します。(メデューサの頭を使って海獣を石にしたという話もあります)
ゴルゴンを倒し、アンドロメダという伴侶を得たペルセウスは意気揚々とセリポス島に戻りますが、ここで予想だにしない場面に出くわします。なんと、セリポス島の王であるポリュデクテス王が母ダナエをゼウスの祭壇に幽閉しようとしていたのです。
この状況を打開する為にペルセウスはポリュデクテス王とその側近達を宮殿に呼び出すとキビシスの中からメデューサの頭を取り出し、王の方に向けます。これを見た王達は一瞬にして石になり、無事に母を救い出す事ができたのです。

全てが終わるとペルセウスはセリポスト島の統治を恩人であるディクテュスに任せて、自らは母と共にアルゴスに戻る事にします。
こうしてアルゴスに戻った英雄ペルセウスはその後、テュリンスとミュケナイを統治する支配者となったのです。

尚、ペルセウスがゴルゴン退治の際に用いた数々の神の道具はそれぞれ持ち主である神の元へ返され、持ち主のいないメデューサの頭に関しては女神アテナへと捧げられます。このメデューサの頭はアテナの盾であるアイギス(イージス)にはめ込まれる事となります。