ミノタウロス [ギリシャ神話の世界]

ミノタウロス
Minotaur

別称
牛頭の怪物
系譜
父・ミノス王の牡牛
母・パシパエ
ミノタウロスはギリシャの南に浮かぶ島クレタ島の王(ミノス王)の后であるパシパエと牡牛の間に生まれた半人半牛の怪物で、ファンタジー系の映画やゲームなどに登場している事が多い事からギリシャ神話に登場する怪物の中でも特に知名度の高いモンスターです。

この怪物ミノタウロスが生まれたきっかけはミノス王で保持していた立派な牡牛をポセイドンに捧げるという約束を交わしていたのですが、この牡牛が惜しくなったミノス王はその約束を違え、別の牛を捧げたが為に怒ったポセイドンがミノス王の后であるパシパエにこの牡牛に欲情してしまうという恐ろしい呪いをかけた事に端を発します。
この呪いによって牡牛に欲情してしまったパシパエは木製の牛の中に隠れて牡牛をだまし、交わる事に成功し、この事によって生まれたのが牛頭の怪物ミノタウロスです。

ミノタウロスは非常に凶暴で草食である牛の顔をしているにも関わらず人の肉を食らって生きるという、性質を持っていた為、困り果てたミノス王は宮殿の地下にあるラビュリントスという迷宮の奥にミノタウロスを閉じ込めてしまったのです。
このラビュリントスを作ったのはパシパエが牡牛と交わる際に用いられた木製の牛を作ったとされる天才建築家ダイダロスで、その出口はダイダロス本人でさえも分からないと言われるほど、複雑で謎の多い迷宮でした。

こうしてラビュリントスに閉じ込められたミノタウロスですが、ミノス王はミノタウロスの食料として罪人などがラビュリントスに定期的に送るという事を続けていきます。
しかし、罪人だけでは足りないという事態に陥った事からミノス王は戦争に勝ち、従属関係にあったアテナイの市民から食料として毎年、男女合わせて計7人を捧げる事を強制します。

これに同意するしかなかったアテナイの王は1回、2回と生贄となる7人を捧げ続けますが、大いに悩み、苦しだのでした。
ところが3回目となった貢物の際にある変化が起きます。それはミノタウロスを倒すという目的で自ら志願して生贄の一人となったアテナイ王の子、テセウスが参加した事でした。
テセウスは女神アフロディーテの加護を受けていた為、一目でミノスの娘であるアリアドネはテセウスに心を奪われ、アリアドネを通じてダイダロスに迷宮を脱出する方法を聞き出します。

その後、テセウスはラビュリントスに入り、ミノタウロスを倒すという目的を果たし、生贄を捧げるという習慣は終わりを告げます。

尚、ラビュリントスがあったとされる宮殿は1900年にイギリス人のアーサー・エバンズに発掘されたクノッソス宮殿がモデルとなったのではないかと言われており、このクノッソス宮殿には部屋が1200~1500もあったとされ非常に規模の大きなものでした。