イカロス [ギリシャ神話の世界]

イカロス
Icarus

別称
イーカロス、イカルス
系譜
父:ダイダロス
母:ナウクラテー
イカロスは伝説的な名工として知られるダイダロスとクレタ島の王・ミノスの女奴隷であるナウクラテーとの間に生まれた子です。
父親が作った翼で父と共に空を飛んだ事で知られ、「イカロスのような(Idar-ian)」という言葉は「向こう見ずな」「冒険的な」という意味で現在も用いられています。

イカロスはダイダロスが鳥の翼を真似て作った人工の翼で空を飛び、楽しさのあまりダイダロスの言いつけを忘れて高く飛びすぎてしまった為、太陽の熱によって翼を張り付けていた蝋が溶けて翼がバラバラになって海に落ちてしまったというエピソードは広く知られていますが、ここではそもそもイカロス親子はなぜ空を飛ぶ必要があったについてご紹介します。

父ダイダロスとイカロスはミノス王の怒りをかい、ミノタウロスが閉じ込められていた事で知られる脱出不可能と言われていたラビュリントスに閉じ込められてしまいます。(ミノス王の怒りをかった理由については詳しくは語られていません)
父ダイダロスはラビュリントスから脱出する方法を考え、それを実行にうつします。それがカモメの翼を真似て作った人間が空を飛ぶ為の翼でした。
ダイダロスは翼を完成させるとイカロスと自分に翼を装着し、ラビュリントスの壁を飛び越えてクレタ島から逃げ出す事に成功します。
こうして海に出た二人は北東のイオニアにもう少しで着くという場所までたどり着きますが、ここで悲劇が起きます。それが前述したイカロスの翼が太陽の熱によってバラバラになってしまった事故です。
イカロスは非常に高い所から海に叩き付けられてしまった事から即死したと言われています。

尚、イカロスが落下して死亡したとされる海は現在でもイーカリア海という名前で呼ばれています。