ハデス [ギリシャ神話の世界]

ハデス
Hades

神格、別称
冥界の支配者
死者の神
ローマ名:プルトン(ディス)
英名:プルートー
ゼウス・カタクトニオス
系譜
父:クロノス
母:レア
兄弟:ゼウス、ポセイドン、ヘラなど
妻:ペルセポネー
ハデスはゼウスの兄であり、のちにゼウス、ポセイドンと共に世界を三分割する事になった際に死者の世界である冥界を治める事になった神です。
ハデスはギリシャ神話の神の中でもゼウス、ポセイドンに次ぐ実力者ですが、地上にあまり出てこないという事もありオリュンポス12神には含まれていません。
しかし、冥界におけるハデスの力は絶対的なものであり、別名である「ゼウス・カタクトニオス(地下の国のゼウス)」は彼の力がゼウスに匹敵するものであった事をあらわしています。

ハデスが支配する冥界は一度、入ると出られない世界だとされており、入り口には門番として三つの頭を持つケルベロスが控えています。入り口を抜けると冥界の渡し守であるカロンに渡し賃を払う事によってステュクス川の向こう岸へ渡してもらい、そこにいるミノス、ラダマンテュス、アイアコスの三人の裁判官によって死者の行く先が決定されると言われています。

死者達が行く場所以外にも冥界には更に奥があり、そこには冥界の底であるタルタロスが存在しています。タルタロスにはキュクロプスやヘカトンケイルなどがウラノスの手によって落とされた事で知られていますが、その他にもクロノスをはじめとするティタン神族もここに幽閉されています。

ハデスは実力者でありながら、冷酷非情で知られている事もあってか、非常にエピソードが少ない神でもあり、祀られている神殿なども殆どありません。
しかし、ハデスは邪悪な悪魔ではなく、冥界の規則と平等を重んじ、情に流される事無く正義を貫く神であるとされています。