ガイア [ギリシャ神話の世界]

ガイア
Gaia

神格、別称
地母神
誓言の神
始まりの神
ローマ名:テルス
系譜
子・ウラノス、ポントス、キュクロプス、ヘカトンケイル、クロノス、レア、オケアノス、テテュス、テュポン、ポルキュス、タウマス
ギリシャ神話において、ガイアは始まりの神であり、ガイアが生まれる前は宇宙には何もなく、ただ混沌としたものでしたがそこにガイアが生まれ世界が誕生したとされています。
そしてガイアが生まれるとすぐにタルタロス(冥界)、ニュクス(夜)、エレボス(暗黒)、エロス(愛)などの神が生まれました。

その後、長い時が流れ、ガイアは天のウラノスと海のポントスを産みだします。この二人の神の出現によって世界の大枠となるものが作られると、神々は多くの神を産みだし、世界には様々な神達が溢れるようになります。
こうして生まれた神々の中から一人の神が頭角をあらわし、世界を治めるようになります。その神こそがガイアが夫に選んだウラノスでした。
ガイアとウラノスの間には12人の神が生まれ、これらの次の世代を担う神達はティターン親族と呼ばれます。
具体的にはオケアノス、コイオス、クレイオス、ヒュベリオン、イアベトス、クロノスら6人のティターンと、テイア、レア、テミス、ポイベ、テテュス、ムネモシュネら6人の女神であるティタニスです。

しかし、ティターン神族の次に生まれた者達が、ウラノスとガイアとの間に大きな亀裂を生みます。
次に生まれた者達はヘカトンケイルと言う100本の腕を持つ怪物3人とキュクロプスと呼ばれる一つ目の怪物3人だったのですが、彼らの姿を見たウラノスは6人全てをすぐさまタルタロス(冥界)へと投げ込んでしまったのです。(ガイアの胎内に押し込めたという話もあります)
この冷酷な行動に激怒したガイアはウラノスに対して不信感を抱くようになり、苦しみ抜いたガイアはウラノスを失脚させる事を決意し、12人のティターン神族の前に鎌を置き、父ウラノスを襲うように指示します。

このような経緯でウラノスは失脚し、代わってクロノスを中心としたティターン神族が世界の新たな支配者となりますが、これによってガイアが力を失った訳ではなく、以降も影響力を発揮し続けるのでした。
また、のちにガイアはクロノスに対して自分の子によって倒されるという予言を与えた為、予言を恐れたクロノスが自分の子を呑み込み続けるという行動を起こした原因を作っていますが、結果的には難を逃れたゼウスによってクロノスは倒され、予言は現実のものとなります。

ガイアは多くの神を産みだした存在として知られていますが、ティターン神族以外にも海のポントスとの間に産まれたポルキュスやタウマスと言った神も産んでおり、これら神はゴルゴンやハルピュアイなどの怪物の祖となりました。