クロノス [ギリシャ神話の世界]

クロノス
Cronos

神格、別称
ティタン神族の王
時間の神
大地、農耕の神
ローマ名:サトゥルヌス
英名:サターン
系譜
父:ウラノス
母:ガイア
兄弟:アトラス
妻:レア
子:ゼウス、ポセイドン、ハデス、ヘラなど
クロノスはギリシャ神話における最初の支配者であるウラノスを倒し、次世代の王となった神です。しかし、クロノスは横暴な専制君主であった為、王には相応しくない神であったとされています。

クロノスはウラノスとガイアの子である12人のティタン神族の末子でしたが、狡賢い所がありながらも果敢な性格で12人の共催の中で特に目立った存在でした。
その後、ウラノスがガイアとの間に産まれたキュクロプスとヘカトンケイルが怪物であった事を理由にタルタロスに落としてしまった事を理由にガイアはウラノスを排除しようと考えはじめ、12人のティタン神族にウラノスを討つ事を提案します。
ウラノスを恐れた多くの者達はこれを受けようとしませんでしたが、ここでクロノスは前に出て、この役目を引き受ける事を誓い、ガイアから黄金の斧(大鎌と言う話もある)を貰い受け、この武器でウラノスを討つ事に成功します。
ウラノスは最後にクロノスに対して「お前も私と同じように自分の子の一人に討たれる運命なのだ、忘れるな」との予言を残します。(ガイアが予言したという話もあります)

こうしてクロノスが次の神々の王となりますが、予言が気にかかっていたクロノスは自分が王の座を失うのが怖くなり、ヘスティア、デメテル、ヘラ、ハデス、ポセイドンといったレアとの間に産まれた子達を次々に呑み込むという所業にでます。
しかし、末子であるゼウスが産まれた際にレアは一計を案じ、石を産着に包んだものをクロノスに渡す事でゼウスは難を逃れ、その後、成長したゼウスの手によって、クロノスは予言通り王の座を奪われる事となったのです。

尚、クロノスは自らの子を呑み込んだ冷酷非道な人物として描かれがちですが、一部の伝承ではクロノスは慈悲深く、有能な王であったという話もあり、豊穣の神であるクロノスが支配した時代が最も幸福な時代であったとされています。
また、ローマ神話において同一神とされるサトゥルヌスは民に農耕を教え、法律を制定した王だとされており、こちらでも高く評価されている為、クロノスという神はゼウスをはじめとする後の神達によって著しく評価を下げられてしまった可能性があると言われています。