アトラス [ギリシャ神話の世界]

アトラス
Atlas

神格、別称
ティターン神族
天空を支える神
耐えるもの
系譜
父・イアペトス
母・アシア(またはクリュメネー)
兄弟・プロメテウス
アトラスの名は「運ぶ者」又は「耐える者」を意味し、その名の意味する通り、アトラスは永遠に天球を支え続けるという苛酷な運命を担う事になる神です。ティターン神族の一柱であり、始まりの神の一人であるガイアの子のイアペトスの子でもあります。

アトラスはゼウス率いるオリンポスの神族との戦いに敗れたティターン神族でありながら、あまりに強大な力を持っていた事から地獄の底にある牢獄タルタロスに送られる事はありませんでした。
しかし、その事がアトラスにとっては大きな悲劇の始まりとなり、牢獄に入れられる代わりにアトラスはゼウスによって、世界そのものの重荷である天の蒼穹を永遠に支え続ける罰を与えられる事になったのです。
このようなエピソードからアトラスをイメージした像の多くは上記の写真のような丸い球体を担いだ筋肉隆々の逞しい男性としてあらわされています。

その後、一度だけ天球を支えるという仕事をギリシャ神話最大の英雄と言われるヘラクレスに代わってもらいますが、これはヘラクレスが西の最果ての地にあるへスぺスの園の黄金のリンゴを取りに来た時にリンゴを守る女神・ヘスペリスがアトラスの娘であった為、リンゴを貰う交渉を娘と行うと言う理由で、一時的にヘラクレスが天球を預かる事になった為です。
天球から解放されたアトラスはリンゴを持ち帰った後も再び天球を担ごうとはしませんでしたが、ここでヘラクレスは一計を案じ、天球を支える為の円座を頭に乗せるので、その間だけ天球を持っていて欲しいと頼みます。
これを聞いたアトラスは素直にそれに応じ、再び天球を担ぎましたが天球から解放されたヘラクレスは二度と天球を支える事はありませんでした。

尚、現代では英語で「atlas」といえば地図帳の事を指しますが、これはアトラスが世界そのものの象徴である事に由来します。