アテナ [ギリシャ神話の世界]

アテナ
Athena

神格、別称
知恵と戦いの神
戦争と技芸の守護神
ローマ名:ミネルウァ
英名:ミネルヴァ
系譜
父・ゼウス
母・メティス
異母兄弟・アポロン、アルテミス、アレス、ペルセウス、ヘルメス、ヘラクレスなど
アテナはオリュンポス12神の一人であり、その誕生を父であり最高神であるゼウスに恐れさせた美貌と猛々しい気性を併せ持つ、知恵と戦いを司る神です。
同じ戦いの神としては兄弟でもあるアレスの名もあがりますが、アテナは思慮の神であるメティスの子らしく意味のない戦いは好まず、国や家族を守る為だけに戦う高貴な神として描かれています。

アテナの誕生をゼウスが恐れた理由は、メティスと関係を結んだ際に「メティスから女子が生まれた場合、その次には新王となるべき男子が生まれるであろう」というガイアによる予言があった為で、これを聞いたゼウスはメティスが妊娠した事を知ると慌てて呑み込んでしまいます。
しかし、メティスの子供はゼウスの体内で成長し、月が満ちた時にプロメテウス(ヘパイストスの場合もある)がゼウスの頭を斧で割ると、そこから完全武装したアテナが飛び出したというのがアテナ誕生の大筋です。

アテナは多くの逸話を残している神でもあり、そのテーマは多岐に渡ります。
アテナの最も有名なエピソードとしては叔父であるポセイドンとアテナイ市の支配権を争った物語で、アテナはポセイドンを相手に一歩も引かず、両者は市民に対して贈り物をする事となります。
この時、ポセイドンはアクロポリスの丘に塩水が噴き出す泉を作ってそれを与え、アテナはオリーブの木を贈ります。結果的にアテナイの市民はオリーブの木を選び、アテナをアテナイの守護神として迎えました。
また、自分の美貌に自信を持っていたアテナは美と愛の女神であるアフロディーテと美しさを競ったという物語も残っています。

このようにアテナは知恵と美しさを持った高貴な人物として描かれてるケースが多いのですが、まるで子供のようなエピソードも残されています。例えば、アラクネという機織りの上手い少女が自分は機織りであれば、技芸の神であるアテナと勝負しても負けないと皆に自慢していると聞いた際には、老婆の姿になって彼女の家に訪れ、注意しました。
しかし、耳を貸そうとしないアラクネに対してアテナは勝負を挑み、両者は互いに目が眩むほどに美しい布を織りますが殆ど差がなかった事にアテナは怒り、アラクネが織った布を引き裂き、彼女の頭を機織りの杼(ひ)で打ちます。
これに怯えたアラクネは首を吊って死のうとしますが、アテナは死ぬ事を許さず、アラクネを蜘蛛の姿に変え、蜘蛛の巣を織り続けるという罰を与えます。
尚、この罰に関しては蜘蛛になれば永遠に織り続ける事ができるという慈悲の心からであるという説もあります。

その他にも沐浴中に全裸の姿をテイレシアスに見られた際には、二度と物が見る事ができないように盲目にしてしまったという話もあります。
しかし、その後、目が見えなくなったテイレシアスを不憫に思ったのか、アテナはテイレシアスに予言の力を与えています。

アテナは自身を中心とした物語も多く残っていますが、それ以外にもヘラクレスやペルセウス、オデュッセウスなどの英雄達に助言や助力を与え、その活躍を支えた神としても知られています。